実務者研修教員講習会

Pocket

ここが違う!ベストウェイケアアカデミーの実務者研修教員講習会

★ねらいが違う!

実務者研修教員講習会は、「とにかく修了」して、教壇に立つことを目的としています。簡単に言うと、この講座を修了していさえすれば、講師になれるのです。でも、それでいいのでしょうか?もちろん、よろしくない、と感じていますので、ベストウェイケアアカデミー実務者研修教員講習会のねらいを下記のように定めています。

本講座のねらい:この講習を修了すると、実際に教壇にたつことができる「権利」ができるが、それがねらいではない。この講習では、教壇に立っても「困らない」教員を養成することがねらいとなる。

権利取得だけではなく、「使える技術」を身につけてもわい修了します。もちそん、そのためには受講生にも大いに頑張ってもらわなければなりません。変な話、「とにかく資格が取れればいい」と言う方には受講をご遠慮頂きます。





ページTOPへ戻る

★内容が違う!

内容は ①介護教育方法 ②介護過程の展開方法 ③実務者研修の目的・評価方法 というのは国が定めているカリキュラムになります。 あとは、これをどう「伝えるか」ですが、ベストウェイケアアカデミーではそれを細分化します。

①介護教育方法
*方法論から見た講義の「つかみ」について
*講義の「ねらい」の立て方について
*講義の「進め方」について
*指導案の重要性
*模擬授業・レジメ発表
となっています。総括すると、「指導に関するテクニックを、根拠に基づいて理解した上で模擬授業を行う。」という部分を重点的に行います。教育を「理論」と「実践」に分類し、融合させる,というわけです。わかりにくいでしょうが、これを講義内で一緒に解明していきます。

②介護過程の展開方法
*ICFに関しての検討
*ICFについてのレジメ作成・発表
*介護過程概論
*介護過程の授業研究
総括、教授する「介護過程Ⅲ」の大まかな組み立てと模擬授業
気付かれた方もいらっしゃると思いますが。模擬授業がまたはいってきました。実践の場を多く作ります。そして、ICFについて徹底的に研究します。みなさんでレジメ作成をし、発表を行います。

③実務者研修の目的・評価方法
*実務者研修全体の進め方
教員として知っておくべき実務者研修の成り立ちなどの理解
教壇に立つと制度的なことも質問を受けます。それを正しく理解することにより、受講生に何を伝えるべきかが見えてきます。




ページTOPへ戻る

講座スケジュール

実務者研修教員講習会/大阪/2018年2月月曜コース

■定員10名
■受講料:64,800円(税込み)
■テキスト代:約6,000円
■会場:ベストウェイケアアカデミー豊中教室(豊中市庄内東町1-7-10 庄内ドイビル)
■講師:馬淵 敦士(奈良教育大学大学院教育学研究科修了)
■実施期間:7日間
■日程
① 2月 5日(月) 9:30~17:15
② 2月19日(月) 9:30~17:15
③ 2月26日(月) 9:30~17:15
④ 3月 5日(月) 9:30~17:15
⑤ 3月12日(月) 9:30~18:15
⑥ 3月19日(月) 9:30~18:15
⑦ 3月26日(月) 9:30~18:15





ページTOPへ戻る